読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

午夜博彩ちゃん

感想文 どっか行った
仕事が早く終わり、半日休暇をもらったので、上司と現地のカジノへ行くの巻。写真禁止なので撮ってない。

うーん、入場口で屈強なボディーガード? 黒人にパスポート見られたりでビビっていたが、中はバカ広いゲームセンターに近いフランクな感じであった。現地時間では平日の昼下がりということもあるのか客もまばら、ドレスコードはあるにはあるものの、スーツで来た我々が浮くような客層で、想像していた男はタキシード女はドレス、みたいな本格的なカジノとはまた違うし、カイジの裏カジノのような必死さともまた遠く、ラウンドワン1階みたいなアミューズメントパークのようで少しガッカリしてしまった。

それでも賭場には変わらないので、日本でもスロットを打つ上司はさっさとスロットを打ちに行ってしまったし、ひとりになったおれはとりあえず場内を一周したのだが、やはり高額レートの台がいちばん盛況で、中国人ぽい客がおそらく日本円で10万20万は下らないチップを当然のように賭けていてぶったまげてしまった。それでも雰囲気はゲーセンのような軽さがあり、殺すか殺されるかみたいな必死さは伝わってこないんだよなあ。

とりあえず片隅にあったルーレットゲームの台に座り、BILLと書かれた投入口に10ドル札を入れる。画面のクレジットには10と表示され、本当にゲーセンと変わんねえな〜と思いながら、全額赤に賭ける。おそらく赤が来れば倍になるシステムなのだろう。

制限時間が0になると、筐体にくっついているルーレットの盤上の上を玉が転がる。時間にして10秒かそこらで決着がつく。赤か、黒か。ルーレットの目に玉が入り、回転盤の動きが止まる。こっ、この目は……

緑である。赤でも黒でもない。00の目である。もちろんハズレ。10秒で10ドルがなくなった。赤や黒ならともかく、賭けた瞬間に0なんか出すなよ。調整が露骨すぎる。そんな話があるか。ふざけやがって。こっちは観光客だぞ。返せ返せ。金返せ。そら返せやれ返せ。ついでにJRAも金返せ。

台は調整が露骨すぎてダメだと見切りをつけ、どうせならとディーラーのいるルーレットへ向かう。とてもじゃないが高額レートには手を出せないので、最低5ドルと低額の台で小銭を稼がせてもらうことにする。18頭のなかから1頭を選ぶギャンブルに比べれば丁半博打なんて余裕である。クロフネJCDくらい余裕である。

5人掛けの台へ座り、ディーラーの東南アジア系の男に100ドルを渡す。日本円なら1万円、まあ今は12000円か、異国の金なので全く実感が湧かないのも怖いところだ。

渡された20枚の5ドルチップを手に最初のゲームをケン。隣の中国人のおっさんがアホみたいにチップを、それこそ全部の目に置いとるんじゃないかというくらい置きまくる。半端なく置きまくる。そして負ける。チップが半分くらいになってあからさまに不機嫌になる。

次のゲームから参戦。黒、黒、黒と来ているので、とりあえず黒に5枚張る。競馬には連勝している馬は負けるまで買えという格言があるからだ。だから赤が出るまで黒を買う。ルーレットが回転し、ディーラーが玉を弾く。息を呑む。玉が回る。入る。止まる。結果は黒。5枚のチップが10枚に増えて帰ってくる。もし100ドルの台だったら5万が10万である。こっちは競馬場で何年も戦ってきたんだぜ。日本の鉄火場を舐めるなよ。とディーラーに視線を送る。直後、件の中国人がブチ切れてディーラーにクレジットカードを投げつけ、追加チップを要求する。ビビる。

次も黒に5枚張るが結果は赤。2500円が簡単に0になる。ここで白人のおっさんが退場。新しい中国人のジジイが来て、現金をディーラーに投げつけ、チップとの交換を終える。こいつら本当に金の扱いがぞんざいだ。

次がまさかの00。あの黒でも赤でもない、緑である。たった4ゲームで2回も00が来るならカイジならぐにゃ〜となっているところだし、おれが坂崎ならインチキだとキレているところだな、と考えていたら、やはり隣の中国人がぐにゃ〜となって退場していった。

その後は一進一退を繰り返し、数多くの退場者と入場者を見ながら、時には大きく、あのたくさんのチップを腕でガーッと取る夢を実現させたものの、結局は1時間少しでチップは全てなくなり、ついにおれも退場と相成るのであった。あのディーラーもプロなのである。競馬で負けてばかりのおれが侮っていい相手ではない。ディーラーは狙った目に入れることなんざ朝飯前だという話は聞いていたし、中盤からは玉を投げたあとにベットしていたのだが。一方上司はスロットで3万負けていた。

上司におれの顛末を話すと、上司もせっかくカジノに来たんだしおれもディーラー相手にやりたいと言い出したので、ルーレット延長戦に突入するのだが、やはりまた00の目に我々の50ドルずつは殺され、ふたり揃ってぐにゃ〜となるのであった。11月の風は海外でも寒い。

広告を非表示にする