読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今週のレース:ダービー卿チャレンジトロフィー

競馬

f:id:ex26:20160402191922j:plain

おれが覚えている限り、おれがはじめて競馬場というところに足を踏み入れたのは皐月賞を間近に控えた春の中山競馬場で、おそらくその時おれは春休みを持て余していたのだと思う。
 
写真が語る限り当日は曇天で、4月の頭といえど肌寒かったようである。そのときのメインレースが明日行われるダービー卿チャレンジトロフィーであった。G3の重賞レースであるが、同日に西ではG2レース、そして前週と翌週にはG1レースが組まれており、失礼ながら谷間の地味な重賞である。おれはまだ競馬を知って間も無いころだったが、それでも十分だったのだろうか?
 

f:id:ex26:20160402191949j:plain

その日のダービー卿CTを勝ったのは池江泰郎厩舎のグレイトジャーニー。調べたところ単勝が2,750円もついたのだから結構な穴馬だった。2着には後におれが天皇賞で印を打つことになるキングストレイル。1番人気に推されたインセンティブガイは結局11着に沈んでいる。他にもダンスインザモアテレグノシスマイネルハーティー以下と懐かしい名前が並んでいた。
 
この時の日付が2006年4月2日。これからきっかり10年だ。おれが競馬を始めるキッカケは2005年のエリザベス女王杯スイープトウショウオースミハルカだから、半年と少しで現場まで行ったことになるのだが……肝心の誰と行ったのか、どんな馬券を買ったのか、果たして金がないから買っていないのか、残念ながらそれを覚えていない。
 

f:id:ex26:20160402192011j:plain

覚えているのは競馬場の異様な雰囲気と、それでも高鳴る胸、終わったあとの物寂しさ……そしてなにより1番人気を決して過信してはいけないという教訓である。ということはおおかたインセンティブガイから買っていたのだろう。ビギナーズラックすらおれにはなかったらしい。難儀だ。以上。