読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか、おれが4月の最後に

うんこ大附属

f:id:ex26:20160819160947j:image

競馬場で平日の昼間から酒を飲んでゴネても結論は変わらない。結論は変わらないのに時間は進む。頭を抱えてるうちにも夏季休暇が終わってゆく。終わりが、迫ってくる。

あす。2016年8月20日土曜日。おれ。27歳の夏。幼稚園来の友人とふたり。朝早くに東京を発つ。そしていま。空港近くのホテルで、この記事を書きながら12時間後のフライトを待っている。

 

フラグを立てて行くことになるが、前から決めていた通り、この旅が終わったら彼女と結婚しようと思う。引き伸ばして、引き伸ばして、2年半。三下り半を突きつけられてからは、半年。我ながら情けない話だ。

まあ、その時に覚悟は決めたことだ。早いか遅いかだけの違いで、独身生活が惜しいとか、馬だとか、声優だとか。もう。10代は10代の、20代は20代の、30代は30代の生活がある。ダービージョッキーとか、ロックンローラーとか、声優とか、ドールとか、魔法少女とか、旅館の娘とか、教会の娘とか。いろんなものを諦めた。諦めて現実社会でなんとかやっている。給料は安いけれど、家から遠く離れても、なんとかやっている。ソコソコ契約も取れるようになった。だから、この独身生活を手放して次に進むことなんて、おれには訳もない話だ。

親も。おれを産んだのは37のことだし。それにおれは親から「孫が見たい」という言葉を聞いてしまっている。なにより親は病気をしているから、逆算するとあまり時間がないことになる。そのことも考えると、今後の生活を考えると、結婚なんて訳もない話だ。相手もどこに出しても恥ずかしくない女だし。訳もない話だ。

まあ、申し訳なく思うのは「おれの世界はディスプレイの向こうにある」と本気で考えていた昔のおれに対してだな。サラリーマンになるくらいなら死ぬと考えていたおれも、結局は社会に流されたんだから。こうなるのも仕方ないよな。訳ないって。訳、ないって。もう10代より30代のほうがはるかに近いんだぜ。若さという資産の減価償却も終わるころだ。いわゆる年貢の納めどきなんだ。社会はそうやって回ってるんだ。くそ。歯車にだって意志はあるんだ。くそ。訳ないなんて、くそ。

 

話は戻って、明日から北海道は全域ずっと大雨だそうだ。天気の神様も最後の最後に酷い仕打ちをするものだ。もう独身生活は諦めろと、咲-saki-有珠山高校は諦めろと、そういうことだと納得するほかない。

まあ、そもそも最初に死亡フラグを立てているのだから、これ以上悪い方向へ考えないほうがよさそうだ。万が一が起こったらこのブログともどもお笑いだ。死ぬに死ねん。どうか、何卒、今後の厄払いということでひとつ、お願いしたい。ただ、1日だけでいい。いや、半日だけでもいいから、晴れてほしい。それだけでも、今後の希望になるだろうよ。

 

それでは明日。大雨の有珠山で。

ex26.hatenablog.com