読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年9月4日(日)

うんこ大附属

f:id:ex26:20160905012450j:image

涙で崩れた化粧を直しに席を立った彼女がいた場所を見て、ようやく気付く。

おれがあれほどまでに恋い焦がれ、夢にまで出てきたアニメキャラや声優が見せた笑顔は、ディスプレイに映ったその笑顔は、決しておれに向けられていたものではなかった、と。

ジョナサン。人生のストーリーは。

ジョナサン。一生じゃ、足りないよなぁ。

14才の頃に戻れたらおれはなにをするのだろう。また同じようにオタクになるのだろうか。同じように養分になるのだろうか。

数年前まで考えられなかった言葉がおれの口を衝き、彼女が涙を堪えながら頷くと、おれの長い長い夏が終わった。ような気がした。

 

広告を非表示にする