読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

菊花賞 エアスピネル 3着

競馬

f:id:ex26:20161023214019j:image

おれが今年の牡馬クラシックで追いかけてきたエアスピネルは、きょう行われた最終戦・菊花賞で3着でした。

前走神戸新聞杯での敗戦、血統からの距離不安、外枠発走から来る低評価を覆し、鞍上武豊の素晴らしい騎乗にも導かれての3着でした。母エアメサイア牝馬最後の一冠・秋華賞武豊と意地で獲ったこともあり、息子のエアスピネルも、と優勝の期待を馬券に込めてはいたのですが、もちろん自信はありませんでした。それでも粘り切っての3着ですから……お金ももちろんですが、それ以上の感動がありました。ダービーでもそうでしたが、この馬には感動させられっぱなしです。たいした額しか単複には張れませんでしたが、金がなくてもこの愛だけは。

思い入れ的な話はここまでとして、現実的な話、3歳時に本賞金は積めませんでしたから、放牧後は本賞金を積むためにまずは勝利が欲しいところです。そう考えると、きょうの鼻差での3着は痛い結果だと思います。それでも距離の自在性、まあマイルから中距離……は効くと思うので、まずは新設大阪杯から安田記念宝塚記念、秋は天皇賞秋、マイルカップあたりを目標に……そのためにも重賞をまず、勝ってほしいですが母・エアメサイア古馬になってからは勝てませんでしたからね……。まあそういうところも含めて、目が離せないというか、愛しいというか。

鞍上の武豊が言うように、生まれた時代が違ければ一冠くらいは獲れたような馬だとは思います。ですが、記者の方が言うように最強のライバルとしのぎを削ったことが財産であったといえるように、志半ばで引退してしまったリオンディーズも含め、最強世代と言えるように頑張ってほしいと思います。

もちろんおれはこれからも古馬戦線でG1のひとつくらい獲れるように、弟のエアウィンザーも一緒に応援したいと思います。きょうは久しぶりに金が儲かる儲からない以外の競馬の楽しみかたができたのではないでしょうか。おれも明日からがんばります。以上。